検索エンジンを考えたウェブサイト構成は、上位表示において必要不可欠です。
ウェブサイト制作時に検索エンジンの性質を考慮することによって、
ウェブサイトアップロード後の検索エンジンからのトラフィックが大きく変わります。
検索エンジンとウェブサイトの関係においてプラスになる要素、マイナスになる要素を解説いたします。

  • 1.Flashの多用は避ける
  • 2.イメージマップは多用しない
  • 3.サイトマップを作成する
  • 4.トップページのファイルサイズ
  • 5.JavascriptやCSSの注意点
  • 6.フレームを出来る限り利用しない

Flashの設置は避ける

今ではほとんどFlashで作られたサイトや、Flash自体見かけなくなりましたが、Flashは検索エンジンがクロールできないのと、iPhoneやiPadなどで表示ができないので、SEOの観点からもユーザー視点からも問題です。
今ではFlashはマイナスの要素だらけなので、即刻排除したほうがいいと思います。ワンポイントでFlashを利用することは、問題はありませんが、今後Flashは排除されていく世の流れですので、新しいものに置き換えるなど対策はしておいたほうが良いです。

画像だけでウェブページを作成しない

画像だけでページ作成されているページをランディングページのデザインでよく見かけます。
Googleのクロールで何の画像かは認識できません。
alt属性で何の画像かは設定はできますが、Goolgle検索順位に好影響するほどではありません。
重要なのはテキストですので、画像と一緒にテキストを配置するといいでしょう。

イメージマップは多用しない

イメージマップとはgifやjpeg等を座標で区切ってリンクをつけたものです。
一般的に地図等で使われることが多くあります。
イメージマップも検索エンジンによっては認識されにくいケースがあります。
検索エンジン最適化において、クローラー(検索ロボット)がどれだけリンクを辿れるかが重要になります。トップページ等でイメージマップを利用すると、場合によって、検索エンジンがリンク先を読めなくなり、正確にインデックス出来ない事があるようです。
現状ではイメージマップを認識する検索エンジンも増えてきましたが、
イメージマップを利用する際に検索エンジンの妨げにならないかを考える必要があります。

サイトマップを作成する

サイトマップを作成することは検索エンジンにおいて非常に効果的です。
サイトマップには一般的にサイト内のすべてのページへのリンクが書き込まれます。
何故サイトマップが検索エンジンに対して効果的かというと、クローラー(検索ロボット)がサイトマップを訪れたときにすべてのページをサイトマップで見つけることが出来るからです。サイトマップのように、サイト内のすべてのページをまとめてインデックス出来るようなページを作っておくことは、非常に効果的です。

トップページのファイルサイズ

検索エンジンは比較的ファイルサイズの小さいトップページを好む傾向があります。
ユーザーにとってもファイルサイズの小さいページは読み込みも速く、快適なナビゲーションが出来ます。特にGoogleでは50k以上のhtml(イメージを抜かしたhtmlのみのサイズ)は、読まれにくい傾向があるようです。

JavascriptやCSSの注意点

JavascriptやCSSの利用は使い方によっては全く問題はありません。
特にCSSは、使い方によって論理タグの大きさ等を調整することも出来るので、有効に活用してください。Javscriptで問題になる場合は、テキストリンクをJavascriptで生成している場合です。
この場合、一般の検索エンジンはJavascriptを認識できず、リンクがクロールされない場合があります。Javascriptの容量が大きくなる場合には、Javascriptを.jsファイルで外だしすることをお勧めします。

robots.txtについて

robots.txtを利用する場合、正しくコーディングすることはとても重要です。何故なら、1つの間違いでロボット型検索エンジンのアクセスをすべて遮断してしまう可能性があるからです。いくつかのサンプルを記載しておきます。ただ、robots.txtは主に検索エンジンロボットを制限するためのものなので、その必要が無い場合は、robots.txtを特に設置する必要はありません。

すべてのページをインデックスする

User-agent: *
Disallow:
基本の設定です。特にrobots.txtを設置しなくてもデフォルトがこの状態です。

すべてのページをインデックスしない

User-agent: *
Disallow: /
注意:このように設定するとすべてのクローラーを拒絶してしまい、検索エンジンに登録されなくなります。

cgi-bin、imagesフォルダのみのアクセスを制限する。

User-agent: *
Disallow: /cgi-bin/
Disallow: /images/

タイトルタグについて

タイトルタグは、検索エンジンだけではなくユーザーにとってもとても重要なタグになります。ほとんどの検索エンジンがタイトルタグを検索結果に表示させています。このためタイトルタグも検索エンジン対策としてではなく、ユーザーに対しても魅力的な文章を挿入する必要があります。キーワードにタイトルタグを挿入することが重要であることは確かですが、その前にタイトルタグの検索エンジンにおける意味を考えなくてはなりません。
まず、検索エンジンだけを考えるのであれば、キーワードと設定するだけでも場合によっては十分です。しかしユーザーの観点から考えると、そのキーワードで検索しているので、関連した情報が表示されるのは当然ですから、そのページは何を伝えようとしているのかを伝えなければなりません。
逆にタイトルタグのテキストがユーザーのニーズに答えているのなら、必ずしもランキングが1位ではなくてもクリックされる確率は高くなります。

例えば、新宿でレストランを探している場合に、ユーザーは「レストラン 新宿」と検索したと仮定します。
この時、
1.レストラン情報
2.レストランガイド 関東版
3.新宿駅周辺のレストランガイド
に検索結果が表示されると、
例えランキングが3位でもテキストがユーザーのニーズに答えているため、多数の見込み客を獲得することが出来ます。何故なら新宿のレストランを探しているユーザーは、明確に新宿近辺のレストランを探しているのであって必ずしもレストラン情報の一般的なウェブサイトを探しているわけではないからです。

タイトルタグを設定する際に常に以下の項目を念頭におくことが重要です。

  • ユーザーが見てもページのコンテンツが分かるように明確なタイトルタグを設定する
  • 検索エンジンも考慮して、タイトルタグに意味のあるキーワードを含ませる
  • コンテンツと全く関係ないタイトルタグは例えSEOのためでも挿入しない

単純なSEOの観点からは2番目の項目を満たせば十分ですが、それではSEOの本質を捉えているとは言えません。
SEOは、上位表示させることだけが目的ではなく、検索エンジンに表示されるテキストを利用して、いかにクリック率を上げるかも重要なのです。

メタタグ

メタタグもSEOにとってはとても重要なタグになります。アメリカでは、メタタグを主要なランキングの要素としている検索エンジンも多数存在します。それなのにメタタグが日本であまり重要視されていない理由は、“たまたまGoogleが日本でのシェアを持っており、Googleがメタタグを重要な要素と考えていないから”ということに尽きるのではないでしょうか?
メタタグでSEOに関係してくるタグは2つのみです。

キーワードタグ

<meta name="keywords" content="">
ページにマッチしたキーワードを挿入するのがこのタグです。基本的に挿入できるキーワードの数には制限はありませんが、5~10個程度が一般的です。又、アメリカでは Three words ruleというのがあり、同じキーワードを3回以上繰り返すことは、スパムとして考えられることがあります。

Description タグ

<meta name="description" content="説明文">
ページを説明する紹介文を挿入します。特にYahoo! Search Technologyではdescriptionタグのテキストがそのまま表示されるので、意味のある紹介文の作成が必要になります。
その他にも検索エンジンに関するメタタグはいくつかありますが、SEOにはほとんど効果はありません。

以下のタグはSEOの観点から設定する必要はありません。

<meta name="abstract" content="">
descriptionタグの補足として利用されることがあります。descriptionタグと同じ紹介文を挿入することも多いですが、このタグを利用する検索エンジンはほとんどないので、設定する必要はありません。

<meta name="robots" content="INDEX,FOLLOW">
このページをインデックスさせて、ページ内のリンクを辿らせる。
Robotタグを指定しないページはすべてこれと同等になります。検索エンジンのロボットは自動的に各ページをクロールするので、あえて設定する必要はありません。

<meta name="robots" content="NOINDEX,FOLLOW">
このページをインデックスさせず、ページ内のリンクを辿らせる。

<meta name="robots" content="INDEX,NOFOLLOW">
このページをインデックスさせて、ページ内のリンクを辿らせない。

<meta name="robots" content="NOINDEX,NOFOLLOW">
このページをインデックスさせず、ページ内のリンクも辿らせない。
検索エンジンのロボットを拒絶したい場合は、このタグを設定します。

<meta name="revisit-after" content="10 days">
検索エンジンに定期的にウェブサイトを訪れるように設定するタグですが、現在の検索エンジンは、独自の周期でウェブサイトをクロールするので全く必要のないタグの一つです。

SEO(Search Engine Optimization)とは?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。一般に、「検索エンジン最適化」や「上位表示」と呼ばれることもあります。 SEOとは、タイトルタグ、メタタグ、タグの重み付け等の「コンテンツ要素」と、 内部、外部リンクの「リンク要素」を、検索エンジンロボットが理解しやすいように調整を加える手法のことです。 ユーザーの求めるキーワードが、検索エンジンの上位に表示されることで、 購買意欲の高いユーザー層を獲得することが可能になります。

SEOのはじまり

そもそもSEOは、6~7年前程にアメリカで始まりました。 検索エンジンで上位に表示されることが、ウェブサイトでの売上に繋がると考えられたためです。 しかし当時は、現在ほどアルゴリズムも洗練されていなかったため、意図的に2ヶ所タイトルタグを挿入したり、 メタタグの重複させる等して、ランキング上位を獲得することが可能でした。現在ではアルゴリズムの進化と共に、 スパム対策も進化しているので、検索エンジンスパムはほとんど通用しません。 現在、検索エンジンマーケティングの市場は数千億円にもなると言われています。 その中でSEO(検索エンジン最適化)の占める割合はとても大きいものです。米国ではSEOはプロモーションの手段ではなく、ウェブサイトを作る上でのスタンダードとなりつつあります。

上位表示・SEOのメリット

検索エンジンの上位表示は、通常のインターネット広告に比べるとユーザーの購買意欲が大きく違います。検索エンジンの上位表示は、バナーやDM等のように広告のようなイメージが少なく、クリックされる頻度も高くなります。 しかし上位表示しているだけでは効果は半減します。ターゲットされたキーワードを上位表示させること・検索エンジンからのトラフィックをどのようにアクション(商品購入やお問い合わせ)に結びつけるかが重要です。

他の広告媒体との比較

検索エンジン最適化を始めとする検索エンジンプロモーションは、他のインターネット広告と比べて、 その効果が高いことが実証されています。 アメリカでも、商品の購入やサービスを利用する際、多くのユーザーは検索エンジンを利用しています。 ウェブサイトが上位表示することで、購買意欲の高いユーザーの獲得だけではなく、ブランド力の向上にも繋がっているからです。

Google Analyticsアカウントで起こっていることをGoogleが監視し、自分のすべてのデータとAdSenseを見ることができないのですか?
GoogleがGmailやGoogle Docsを見ることができるのですか?

Googleではまず、これらの製品を扱うエンジニアと検索に取り組むエンジニアが、その日のうちにGoogleがGmailアカウントを覗いていることが判明した場合は、あなたは本当にウェブ上にあるか、またはこれらの種類のものと同じように権威的ではありませんでした。だから、これらの使用やそれらを使用しないという決断が、Googleのウェブ検索でのランキングを傷つけたり、傷つけたりする恐れはありません。

長年の議論です。『ドメイン年齢はSEOに影響あるか』
あなたのウェブサイトの年齢。1998年か2008年か2016年にあなたのサイトを登録したかどうかGoogleが気にしますか?いいえ、彼らはまったく気にしません。彼らは、あなたのコンテンツが実際に人々を助ける度合いと、リンクと権威の信号とそのような種類のものだけを気にします。確かに、この方向に相関があるのは事実です。1998年にサイトを立ち上げてもまだ今日は強くなっている場合、Googleが関心を持っている多くのリンクや権威、公平、これらすべての種類のシグナルを構築している可能性があります。

しかし、おそらくあなたはちょうど非常に成功した最初の2年間、あなたは2015年にあなたのサイトを登録し、あなたはそれらのすべての同じ信号を構築しました。Googleは実際にはおそらくおそらくそのサイトに報酬を与えるだろう。なぜなら、それはずっと長いものと比べて、非常に短い期間に同じ権威と影響力を構築しているからです。